メラニンを抑制して美白

  • 美白のための洗顔で大切なこと

    • 美白と聞くと、しみがなく透明感がある肌をイメージする人が多いでしょう。
      くすんだ印象がない白い肌は、実年齢よりも若く見えるという魅力があるため、憧れている女性もいるのではないでしょうか。



      そんな美白の肌を目指すには、毎日の洗顔が大切になってきます。


      洗顔はその日のホコリ汚れや皮脂汚れなどを取り除くという目的がありますが、ただ洗うのではなく肌に必要な皮脂は残しながら洗わなければなりません。



      顔を洗ったあとサッパリ感があると気持ちいいものですし、なんとなくきれいになったという感じがしますが、この洗い方を続けると皮膚がダメージを受けて角質が厚くなっていきます。



      これによって、肌にくすみが現れやすくなり、結果的に美白とは程遠い肌になってしまうのです。



      このような状態を避けるためには、顔を洗うとき皮膚に刺激を与えないようにしながら余分な汚れだけを取り除くことが重要です。



      肌に負担がかからないよう考えられている洗顔料を使用するのはもちろんのこと、しっかり泡立て、その泡を使ってマッサージする感覚で洗っていきます。



      泡を作るときは泡立てネットを併用するほか、事前に両手をお湯で湿らせておくと濃密な泡が簡単に作れます。



      顔を洗ったあと、顔がつっぱった感じがなければ大丈夫ですが、もしすぐに乾燥してくるようならば、洗顔剤が肌に合っていませんので見直すようにしたいです。肌にやさしい洗顔を続けていれば、角質層やターンオーバーも正常になり、健やかな美白肌に近づいていくでしょう。



  • 関連リンク

    • 美白と聞くと、しみがなく透明感がある肌をイメージする人が多いでしょう。くすんだ印象がない白い肌は、実年齢よりも若く見えるという魅力があるため、憧れている女性もいるのではないでしょうか。...

    • シミやくすみのない透明感のある美白肌は女性にとって憧れです。肌のシミやくすみに大敵なものとして紫外線は知られていますが、これは紫外線から受けたダメージによって、シミやくすみの原因となるメラニンが生成されてしまうからです。...