メラニンを抑制して美白

  • 美白のポイントはメラニンの生成を防ぐこと

    • シミやくすみのない透明感のある美白肌は女性にとって憧れです。



      肌のシミやくすみに大敵なものとして紫外線は知られていますが、これは紫外線から受けたダメージによって、シミやくすみの原因となるメラニンが生成されてしまうからです。

      したがって美白の基本は肌を紫外線のダメージから守ることです。



      日焼け止めなどはSPF値が大きく、PA値「+」が多いものを選ぶことが大切なことはもちろんですが、意外に油断されているのが塗りムラです。



      また汗をかいたり手を洗った時にはこまめに塗りなおすことも大切です。


      メラニンはその他にも汚れた空気や睡眠不足などのストレスにさらされることによっても大量に生成されますので、これらの原因を避けることも美白には大切です。

      一般的に美白化粧品といわれるスキンケア用品にはメラニンが作られる過程でその生成を防ぐ成分が配合されています。



      コウジ酸、L‐システイン、アルブミン、トラネキサム酸などがその成分です。



      またすでにできてしまったメラニンには、そのメラニンを含む角質が肌に定着しないようにターンオーバーを正常に整えることが大切です。



      洗顔やピーリングなどで古い角質を落とし、肌の水分や油分をバランスよく保つことです。



      またプラセンタエキスなどもターンオーバーを整える作用があると言われています。加えて抗酸化作用があるビタミンCやビタミンE、カロチンを多く含む食べ物を積極的に摂るようにするのも効果的です。



  • 関連リンク

    • シミやくすみのない透明感のある美白肌は女性にとって憧れです。肌のシミやくすみに大敵なものとして紫外線は知られていますが、これは紫外線から受けたダメージによって、シミやくすみの原因となるメラニンが生成されてしまうからです。...

    • 美白肌を維持するには、メラニンが過剰に生成されるのを避けなければなりません。通常は、皮膚が刺激を受けるとそれを守るために生成され、役目を終えればターンオーバーにて外へ排出されていきます。...