メラニンを抑制して美白

  • 美白肌とメラニンの関係

    • 美白肌を維持するには、メラニンが過剰に生成されるのを避けなければなりません。



      通常は、皮膚が刺激を受けるとそれを守るために生成され、役目を終えればターンオーバーにて外へ排出されていきます。



      このサイクルがスムーズに行われていれば、きれいな肌を保てるようになるのです。しかし紫外線などでたくさんダメージを受けると、いつもよりこれが多く生成され、過剰な分はうまく排出されずに残ってしまいます。



      その理由は、ダメージによって弱った肌は乾燥しやすくなりバリア機能が崩れてしまうことで、ターンオーバーが正しく行われなくなるからです。



      これを予防するには、まず肌が外部からの刺激を受けないよう、日ごろからケアしていく必要があります。



      たとえば紫外線のケアをする方法としては、外出する際にUV効果のある化粧品を使用したり、日焼け止めを使ったりするほか、日差しが強くなる季節には日傘なども併用していきます。



      メラニンが過剰に生まれるのをできるだけ防ぐことが、肌を守ることにつながり、美白肌を維持できるようになるのです。
      とはいえ、年齢を重ねた肌はこの限りではありません。


      何もしなくても肌の組織が衰えてくるため、肌が新しく生まれ変わるサイクルが乱れ、メラニンも排出されにくくなります。



      それゆえシミができやすいばかりでなく、その色もどんどん濃くなっていきます。


      こういった症状に対するケアとして、日焼けの対策だけでなく、美白用の化粧品を取り入れることも効果的です。



  • 関連リンク

    • シミやくすみのない透明感のある美白肌は女性にとって憧れです。肌のシミやくすみに大敵なものとして紫外線は知られていますが、これは紫外線から受けたダメージによって、シミやくすみの原因となるメラニンが生成されてしまうからです。...

    • 鏡を見る度にシミや黒ずみが濃くなっていると感じたら、本格的な美白対策を始めた方がいいでしょう。早いうちに何らかの対策を行えば、薄いシミや黒ずみなら目立たなくさせることも可能です。...